開催セミナー「少年期のスポーツ障害を予防する」

MENU

開催セミナーHOLDING SEMINAR

  • 神奈川学童野球指導者セミナー

    第3回「少年期のスポーツ障害を予防する」

    第3回「少年期のスポーツ障害を予防する」

    1.「投球が肘肩に与えるストレスから投球制限を考える」
      講師:西中直也先生(昭和大学スポーツ運動科学研究所)
    2.「子どもたちに必要な体力-投球動作を動作学・スポーツ運動学から紐解く-」
      講師:吉田千城先生(横浜ベースボール整骨院)
    3.「子どもたちに必要な体力-上手に、そして丈夫になるために-」
      講師:坂田淳先生(トヨタ記念病院リハビリテーション科 理学療法士)
    4.「ラグビーとスポーツマンシップ」-他競技に学び野球の未来を考える-
      講師:大関信武先生(日本スポーツ医学検定機構代表理事)
    5.「子供の野球肘を見逃さない!-野球肘検診の必要性-」
      講師:山崎哲也先生(横浜南共済病院スポーツ整形外科部長)
    6.「日本野球界現状把握」
      講師:話者未定
    7.特別講演「勝負と指導」
      講師:斎藤隆 氏(91年ドラフト1位で大洋ホエールズ入団、その後メジャーでも活躍、現在はMLB中継解説・野球教室など野球普及に尽力している)

    • 会期

      令和2年1月19日(日)9:30~15:30

    • 会場

      横浜市西公会堂 (横浜市西区岡野1-6-41)
      JR「横浜」駅から徒歩10分、相鉄戦「平沼橋」駅から徒歩2分

    • 開場

      9:00

    斎藤 隆氏

    特別基調講演

    • 西中 直也 先生

      昭和大学スポーツ運動科学研究所

    • 吉田 干城 先生

      横浜ベースボール接骨院

    • 坂田 淳 先生

      トヨタ記念病院リハビリテーション科 理学療法士

    • 大関 信武 先生

      日本スポーツ医学検定機構代表理事

    • 山崎 哲也 先生

      横浜南共済病院
      院長補佐
      スポーツ整形外科部長

    開催日時 令和2年1月19日(日)9:30~15:30
    開催場所 横浜市西公会堂 (横浜市西区岡野1-6-41)
    JR「横浜」駅から徒歩10分、相鉄戦「平沼橋」駅から徒歩2分
    参加資格 1.神奈川県内の学童野球チームに関わる指導者、連盟役員の方々
    2.学童野球チームに関わる保護者の方々
    3.医師、理学療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、アスレチィックトレーナー、スポーツ医科学研究者、その他野球界の発展に寄与する野球関係者
    (神奈川以外の方も歓迎いたします)
    定員 500名
    ※定員になり次第、受付をしめきらせていただきます。
    参加費 2,000円(テキスト代、受講終了証を含む)
    ※前回セミナーの受講終了カード提示で1,500円とさせていただきます
    内容  
    主催 神奈川学童野球指導者セミナー事務局
    共催 横浜市市民局
    神奈川県野球評議会
    【加盟団体】
    神奈川県野球協会(社会人)・神奈川県大学野球連盟・神奈川県高校野球連盟
    神奈川県中体連野球専門部・神奈川県少年野球連盟学童部・リトルリーグ神奈川
    連盟・ボーイズリーグ神奈川県支部・神奈川県少年ソフトボール連盟・
    神奈川県野球評議会審判部・横浜スタジアム(他11団体)
    協力 慶応義塾大学体育会野球部
    株式会社横浜DeNAベイスターズ
    後援 神奈川新聞社
    参加方法 本ホームページのお問合せフォームにてセミナー申込にチェックし、
    必須事項をご入力の上、お申込みください。
    フォームからのお申込みはこちら

    講師のご紹介

    • 西中 直也

      略歴昭和大学スポーツ運動科学研究所
      昭和大学藤が丘病院整形外科
      日本体育協会公認スポーツドクター
      医学博士

    • 吉田 干城

      1985年相模原市出身。桐光学園高校2年生夏に投手として甲子園、国民体育大会に出場。日本体育大学へ進学するも肘内側側副靭帯を大きく痛め退学。その後、投球障害の苦い経験を基に野球人をサポートしたいと強く思い、横浜医療専門学校へ進学し柔道整復師を取得。2009 年「投球障害から投球生涯へ」を理念に掲げ、横浜ベースボール整骨院医科学研究所開業。児童期から壮年野球まで幅広い年齢層の野球人をサポートする。2012年に投球動作の改善を狙いとしたアスレティックリハビリテーション施設Re:Performanceを開業。現在は、東欧スポーツ科学研究会を立ち上げ、主にドイツの適性診断ー強化・育成システム、トレーニング学、動作ースポーツ運動学などを研究する。

    • 坂田 淳

      早稲田大学大学院修士課程修了。
      横浜市スポーツ医科学センターに勤務し、野球選手の肩・肘の治療に従事。
      現場ではラグビーのトレーナーを10年間務め、
      現在は横浜市の少年野球選手のケガ予防のために尽力している。
      理学療法士、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。

    • 大関 信武

      2002年滋賀医科大学卒業。2014年横浜市立大学大学院修了。
      横浜南共済病院、関東学院大学ラグビー部チームドクター、英国アバディーン大学などを経て、2015年より東京医科歯科大学再生医療研究センター所属。日本体育協会公認スポーツドクター。
      スポーツのけがを減らしたいとの思いで、2015年12月一般社団法人日本スポーツ医学検定機構を設立し、「 スポーツ医学検定 」を開催している。

    • 学童野球のスポーツ障害
      横浜南共済病院 スポーツ整形外科 山崎 哲也

      学童期とは、一般的には小学生である暦年齢7-12歳を指し、思春期前の発育期(成長期)にあたります。発育期の身体的特徴としては、骨が柔らかく未熟でありかつ靭帯よりも弱いこと(軟骨も脆弱)、骨を長軸方向へ成長させる骨端成長軟骨板(骨端線)が存在すること、骨と筋肉の成長速度の違いにより体の硬さがあることなど挙げられ、成人と比較して障害が起こりやすい時期であります。
      そのため学童野球を取り巻くわれわれ大人は、子供たちに生じる様々なスポーツ障害の情報を身に着け、子供達に対応する必要があるものと考えます。

      略歴 1961年(昭和36年)7月20日生まれ
      滋賀医科大学卒業後、横浜市立港湾病院、横浜市大病院等を経て、2000年横浜南共済病院整形外科医長、2002年スポーツ整形外科部長となり現在に至る。
      専門は、スポーツ整形外科全般で、横浜DeNAチームドクター、日本体育協会公認スポーツドクター、日本整形外科学会スポーツ医などを務める。

    • 斎藤 隆
      (サンディエゴ・パドレス環太平洋顧問)

      1970年生まれ。宮城県仙台市出身。東北福祉大学から91年ドラフト1位で大洋ホエールズに入団。エースとして98年の日本一に貢献した。06年、ロサンゼルス・ドジャーズに入団するとクローザーとして活躍。その後、レッドソックス、ブレーブス、ブリュワーズ、ダイヤモンドバックスに在籍しブルペン陣の柱としてチームを支えた。13年には東北楽天ゴールデンイーグルスと契約しチーム初の日本一に大きく貢献した。引退後は、サンディエゴ・パドレス環太平洋顧問としてフロント業務に就く。MLB 中継解説、野球教室など野球普及にも尽力している。